2015年

12月

06日

自作シェーダーのTextureについて

自作シェーダーのテクスチャについて、色々参考にテストしてみたけど上手く行かない。

あきらめーて他の部分を改善する。

断面ができたので、次はインスタンシングを付けたい。

メッシュが多いデータだとjavascript側での読み込みのネックができる。

webglにデータが送られてしまえば、大きなメッシュ量でも動くはず。

インスタンスにできればメモリも節約されるし。


あとは直接colladaからの変換。


他のBIMソフトからはいくつかのデータ形式で書き出しができるので、いちいちスケッチアップに読み込まずにwebglに変換したい。

obj単独ファイルからなら割と簡単にできる。

colladaは書式を読み取る必要があるのでそこを解決するコードを用意する。

現時点でcolladaの解析はできたのでインスタンスに対応してしまえば変換もすぐできるはず。


インスタンス対応までは年内に行い、どこかにアップしたい。

このホームページはtak2hataがスケッチアップのプラグインを開発し公開する目的で設置しています。

 

Mitsuba RenderはWenzel jakob氏が開発しているフリーのレンダリングソフトのプロジェクトです。

Mitsuba Render Orgへのリンク

Recent Posts