2014年

12月

18日

Noise reduction or increase sampling

ノイズ除去のために間接照明(Indirect Lighting)された結果だけを集めるインテグレータを作りながら思った。

パストレースレンダリングの性質としてはサンプリング数が低いと確率が不安定なためノイズが発生しやすい。

相当サンプル数を上げない限り安定しない。


近接するピクセルの条件が似かよっている場合、お互いのサンプリングは相互利用可能な確率が高い。

現実に考えても同一平面上で近接している点の明るさはそう大きく変わらない。

(ちなみに直接照明とコースティクスとかは無視)

4x4ピクセルで各々16サンプルとれば中央では256回分のサンプル情報は集まっている。


でも、プログラムの組み方がまだまだ勉強中。


下の画像は直接光で照らす成分をなくして、その後の間接光を計算している。

とりあえず最初の目標に到達。

このホームページはtak2hataがスケッチアップのプラグインを開発し公開する目的で設置しています。

 

Mitsuba RenderはWenzel jakob氏が開発しているフリーのレンダリングソフトのプロジェクトです。

Mitsuba Render Orgへのリンク

Recent Posts