Continue Mitsuba Custom Integrator 

つづき

RayのDepthを調べるよりもscatteredがtrueになっているのを調べればよかったので楽だった。

しかし数式を追っていくとthroughputというのが一連の流れの中でずっと乗算されて行きつつ、要所要所でthroughputにさらに乗算した値をスペクトラムLiに加算していく。

つまり画像ソフトで重ねただけでは再現できない。

Li=t*bsdf1*v+t*bsdf1*bsdf2*v2+t*bsdf1*bsdf2*bsdf3*v3+.....

t*bsdf1をくくりだすと

Li=t*bsdf1(v +bsdf2*v2 + bsdf2*bsdf3*v3.....)

みたいになる部分と、発光の部分、直接発光に照らされた部分とかみたいに別で重ね合わせる部分が出てくるのだと思う。


下の画像がに合成したもの

ついでにVolpathで同じサンプリング数のものが更に下の画像

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Marsha Maffei (水曜日, 25 1月 2017 01:09)


    This article is truly a nice one it helps new web users, who are wishing in favor of blogging.

このホームページはtak2hataがスケッチアップのプラグインを開発し公開する目的で設置しています。

 

Mitsuba RenderはWenzel jakob氏が開発しているフリーのレンダリングソフトのプロジェクトです。

Mitsuba Render Orgへのリンク

Recent Posts