2014年

11月

29日

Try and try

上の画像はVolpath IntegratorとしてIndependet Samplerを使いサンプル数256でレンダリングしたもの。

上の画像は先ほどと同じ設定で4枚レンダリングして、画像編集ソフトで透明度を4等分で重ね合わせた。

上の画像はサンプル数を1024にしてレンダリングした画像。

Independentサンプラーの場合、レンダリングごとにサンプルが変わるので複数枚レンダリングして重ねた場合、サンプル数の合計が同じレンダリング結果に近い。

レンダリング時間もほぼ比例する。


時々発生する白点(ファイヤフライ)も若干弱まるので結果的に良い気がする。


レンダリングしてみて期待よりノイズ感が強い場合、同じ設定で再度レンダリングして重ねるという手が使えると思う。

このホームページはtak2hataがスケッチアップのプラグインを開発し公開する目的で設置しています。

 

Mitsuba RenderはWenzel jakob氏が開発しているフリーのレンダリングソフトのプロジェクトです。

Mitsuba Render Orgへのリンク

Recent Posts